Sell flow

売却の流れ

大切な不動産を売却するまでのステップ

ご所有の大切な不動産を、安全に、また安心して売却するための具体的な流れをご紹介します。 良い条件で売却するためには、いろいろなステップを踏む必要があります。 不動産売却は人生の中で何度もあることではありません。分からないことやご不安なこともあるかと思いますが、一つ一つ説明をしながら丁寧に進めていきますのでご安心ください。
ダウンロード (6)

希望条件のヒアリング

ご所有の不動産を売却することになった経緯、目的などヒアリングさせていただき、売主様のご不安を取り除いた上で、売却のお手伝いをいたします。
売却の方法、金額、スケジュールなどご希望に沿った形で活動を進めますので、ご家族で整理をしておくことが重要となります。
また、かかる諸費用をご説明し、手取り金額の目安をつかんでいただきます。
売却不動産の事前調査

売却不動産の事前調査・
査定及び販売価格のご提案

売主様が大切な資産を売却するにあたり、最も気になるのはどれくらいの金額で売れるのかということだと思います。
まずは現地及び役所などに出向き物件調査を行い、加えて経済動向、市場動向、エリアの特性などを調べ、把握します。また周辺の取引事例や収益の見込みなどから物件を評価、査定し、価格提案をいたします。
媒介契約

媒介契約

不動産の売却をお任せいただけることになりましたら、最初に媒介契約を締結いたします。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。それぞれの特徴、違いをご理解の上ご選択いただき、仲介業者である弊社はルールに則り販売活動や反響、お問い合わせの内容についてメールまたは文書にてご報告いたします。
売却活動・購入申込み

売却活動・購入申込み

「専属専任」と「専任」媒介契約は、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営するネットワークシステム「レインズ」への登録が義務付けられており、多くの不動産関係者との情報交換ができることで、多くの購入希望者に紹介することができます。また、人気の不動産サイト、弊社HPなどへの情報掲載により多くの購入希望者に告知いたします。戸建住宅、マンションにおいては購入検討者の内覧があるため、普段から掃除や整理整頓を心掛ける必要があります。
購入希望者から「購入申込書」を受領した際は、購入希望者の購入条件を売主様にお伝えし、ご意向を踏まえ、互いの希望を調整して慎重に購入希望者に回答いたします。
売買契約

売買契約

条件が折り合い売買契約への運びとなった際、売主様として売買契約時に必要なものをご準備いただきます。売買契約当日の手続きの流れは、①重要事項説明書の読み合わせ ②売買契約書・物件情報等報告書・設備表の読み合わせ ③署名・捺印・手付金の受領 を行い、売買契約の締結完了となります。
残代金の受領・引渡し

残代金の受領・引渡し

決済・引渡し当日の前に、売買契約時に取り交わした「物件状況等確認書」「設備表」また特約条項等の記載通りの状態になっているか確認します。
決済及び引渡し当日の流れは、①登記申請の手続きに必要な書類を司法書士に渡し、依頼する ②残代金・固定資産税等の精算金の受領、また登記関係費用、仲介手数料の残額をお支払いいただきます ③鍵、関係書類の引き渡し、「不動産引渡確認証」への署名・捺印 を行い、引渡し完了となります。